探偵、興信所の総合情報サイト 第三者の立場で調査委任契約から調査報告書までをサポート

探偵ではできないこと

  • HOME »
  • 探偵ではできないこと

探偵ではできないこと

探偵といえど人

探偵社には日々様々な調査の相談や依頼がくるものですが、探偵は何でも調べられる、何でもできると勘違いをされている方も多くいます。
相談を受けたとしても調査料金の折り合わない場合や警察あるいは弁護士に依頼すべきである内容の場合なども調査を受けることはありません。
また、探偵といえど人ですからその調査手法にはできる事とできない事があり、法律による制限があれば技術的に難しいという事もありますので、必ずしも全ての依頼を受けることができるというわけではありません。
例えば、結婚相手の出生地や出身地が部落などを調べることや、盗聴器を仕掛けて欲しいなど、差別や違法につながる内容の場合は調査を受けることができません。

探偵は一歩間違えると犯罪者?

探偵に依頼する場合、浮気調査や素行調査、家出調査など様々ですが、対象者となる人物との関係性を聞かれます。
恋人の浮気調査や社員の素行、子供の家出や結婚相手の素行などはいいですが、気になる女性の住所や電話番号、恋人の存在を知りたいなどは、ストーカー行為に発展する可能性があり、相談時に虚偽の報告をして依頼したとしても、内容に不審を抱いた場合や、依頼者が暴力団ないし暴力団関係者、もしくは暴力団との関係を匂わせる様な発言をした場合、たとえ調査費用を頂いていても途中で契約を解除する場合もあります。

つまり、依頼者が虚偽の報告をして依頼した場合や、悪意がなかったとしても、依頼時に探偵社に出した情報の中に虚偽の情報が含まれていれば、探偵がそれをもとに調査を行った場合に違法となる可能性があるのです。

PAGETOP
Copyright © stray-detective All Rights Reserved.