電車内で女性にわいせつ行為を繰り返し、女性が抵抗しないのに付け込んで、携帯電話の番号や「カラオケに行きましょう」などと記したメモを渡した男が24日、強制わいせつ容疑で千葉県警柏署に逮捕された。「気に入った子で、満員電車でムラムラしてやった。私がやりました」と容疑を認めているという。
逮捕されたのは千葉県柏市今谷上町、探偵事務所部長、近藤精孝(きよたか)容疑者(63)。

調べでは、近藤容疑者は昨年11月27日午前7~8時ごろの間、松戸市のJR武蔵野線新松戸-西船橋間と総武線西船橋-錦糸町間を走行中の電車内で、千葉県内に住む女性会社員(27)の背後に立ち、下着に手を入れるなどのわいせつ行為をした疑い。女性が電車を乗り換えると、後を追って犯行を重ねた。
同署は余罪についても追及する。近藤容疑者の勤務先は千葉市内という。

女性は昨年11月中旬から12月上旬にかけて数回、わいせつ行為を受けた。
12月上旬には携帯番号とメールアドレスのほか、「連絡待っています。カラオケに行きましょう」と書かれたメモをかばんのポケットに入れられ、被害届を出した。

産経新聞