鳥取署は26日、弁護士法違反の疑いで、大阪府箕面市彩都粟生南、探偵会社役員、余家守容疑者(29)を逮捕した。
逮捕容疑は、鳥取市の男性からの依頼で100万円の報酬を受け、弁護士資格がないのに平成20年5月、元交際相手の女性にストーカー行為をやめるよう仲裁したほか、9月には当時、鳥取県岩美町にあった男性宅に居続けた元交際相手に退去を要求した疑い。

鳥取署によると、男性は昨年5月以降に鳥取市に引っ越し、入れ替わりで元交際相手が男性宅に入居していた。

産経ニュース