関西電力(大阪市北区)の顧客情報を外部に不正に売却していたとして、愛知県警は29日、 関電子会社の「かんでんCSフォーラム」(同市中央区)契約社員、 五月女(さおとめ)早苗容疑者(43)(大阪府枚方市茄子作)を 不正競争防止法違反(営業秘密侵害)容疑で、探偵コスモサポート代表 矢木浩一容疑者(39)(同府茨木市小柳町)を同法違反教唆の容疑でそれぞれ逮捕した。

五月女容疑者は「金が欲しくてやった」と供述、矢木容疑者も容疑を認めているという。
地域の居住者をほぼ網羅している電力会社の顧客情報が、意図的に外部に漏らされていた実態が明らかになった。

発表によると、五月女容疑者は顧客情報の管理システムにアクセスし、今年6~8月、 大阪市内の保育士の30歳代女性ら契約者2人の氏名などを不正照会して、 矢木容疑者に1回5,000~1万円で売却した疑い。
関電などによると、五月女容疑者は20044年10月から関電のコールセンターで勤務しており、 顧客からの料金や契約内容の確認の際、専用の端末から顧客情報を閲覧していた。
関電が電力を供給している契約数は、大阪、京都など9府県の計約1351万口(法人含む)。
五月女容疑者は、全ての顧客情報にアクセスできる権限を持っていたという。

五月女容疑者は、09年4月に夫の浮気調査を依頼したことで矢木容疑者と知り合った。
県警は、この頃から矢木容疑者に持ちかけられて情報漏えいが始まったとみて、漏えい件数などを調べている。

YOMIURI ONLINE