2014.06.08
毎日新聞

勤務先の小学校のトイレで女性教諭を盗撮したとして、群馬県警高崎署は8日、高崎市立大類小学校校長、会沢紳喜容疑者(56)=前橋市広瀬町3=を県迷惑防止条例違反と建造物侵入の疑いで逮捕した。容疑を認めているという。
逮捕容疑は、5日午前11時55分ごろ、勤務先の小学校の女子トイレで20代の女性教諭をスマートフォンで盗撮したとしている。

高崎署によると、会沢容疑者は女性教諭の後をついてトイレに侵入。
隣の個室の仕切りの上から手を伸ばして撮影したという。女性の悲鳴を聞いて駆けつけた他の教諭らが、女子トイレ近くで校長の姿を目撃していたことから容疑者として浮上した。
高崎市教委によると、会沢容疑者は1981年に教員として採用され、2012年から現職だった。