2014.07.14
NHK NEWSWEB

都立高校の男の教諭が女子生徒に対して「抱かせてほしい」などと淫らな内容を含むメールを800通以上送り登校できない状態にさせたとして、東京都教育委員会はこの教諭を懲戒免職にしました。

懲戒免職になったのは、東京23区内の都立高校に勤める32歳の男の教諭です。
教育委員会によりますと、この教諭は、3年前、当時担任していた2年生の女子生徒に対し、勤務中や修学旅行の時などに「抱かせてほしい」とか「一緒に寝よう」などといった淫らな内容を含むメールを800通以上送っていました。
また、この教諭は女子生徒とたびたび学校の外でも会っていたほかネックレスや現金1万円などを渡していて、不適切な関係に気付いた保護者が「娘を登校させたくない」と学校に申し出て、女子生徒はおよそ2ヶ月間登校できなかったということです。
東京都教育委員会は「はなはだ遺憾で、生徒との私的なメールは行わないよう指導を徹底していきたい」としています。