2014.10.17
読売新聞

元交際相手の女性に復縁を迫っていた大学院生の依頼を受け、アルバイト従業員に女性の待ち伏せをさせたなどとして、神奈川県警人身安全事態対処室などは17日、探偵の男3人をストーカー規制法違反の疑いで横浜地検川崎支部に書類送検した。

発表によると、東京都中野区の探偵(33)と杉並区の探偵(32)の男2人は、アルバイト従業員の男(24)(軽犯罪法違反容疑で書類送検)に指示し、6月10、11日の2回にわたり、川崎市内の路上で女性(23)の待ち伏せをさせた疑い。大学院生の男(23)から復縁依頼を受けた大阪府枚方市の探偵(32)は1月27日、中野区の探偵に女性の調査を引き継ぎ、待ち伏せのほう助をした疑い。
大学院生もストーカー規制法違反容疑で逮捕されたが、7月に処分保留で釈放された。

同室の説明では、大学院生は昨年11月、元交際相手の女性に「復縁してくれないと死ぬ」などと復縁を迫り、女性は大学院生と一緒に高津署に相談に訪れた。その際、大学院生は口頭注意を受け、連絡は取らないと上申書を書いたという。
調べに対し、探偵3人は「依頼人が対象に近付かなければ、問題ないと思った」などと供述し、容疑を認めている。