埼玉県警の巡査部長が、埼玉県寄居町の路上で帰宅途中の10代の女性を押し倒して体を触り、けがをさせたとして逮捕されました。

本庄署の巡査部長・浅間雄大容疑者(27)は2012年9月、寄居町の路上で、帰宅途中だった当時10代の女性を後ろから押し倒して体を触り、腕の打撲など全治1週間のけがをさせた疑いが持たれています。
警察によりますと、事件前、現場付近で車から女性に声を掛ける不審な男の情報が複数寄せられ、捜査していたところ、車の目撃情報などから浅間容疑者が浮上し、逮捕に至りました。
浅間容疑者は「現場近くに車を止めて犯行に及んだ」と容疑を認めています。

テレビ朝日