東京都渋谷区神南1丁目のマンションで2月7日、拳銃のようなものを持った男が自室に閉じこもっていた立てこもり事件で、40代の男が逮捕されました。
公務執行妨害の容疑で逮捕されたのは、東京都港区南麻布4丁目に住所を置く職業不詳・伊藤博重容疑者(47)です。伊藤博重=いとう ひろしげ

発表によると伊藤博重容疑者は2月7日午後0時50分ころ、渋谷区神南1丁目のマンション「プレミアムキューブG渋谷神南」で、14階のベランダから捜査員に向かって金属製のバケツなどを投げつけた疑いが持たれています。

周辺には規制線が張られて約8時間にわたり制限されるとともに、現場マンションの住人ら25世帯が避難するなど大変な騒ぎとなりましたが、同日午後9時前ころに警視庁捜査1課の特殊部隊(SIT)がベランダから突入、伊藤博重容疑者の身柄を確保しました。

なお、現場からはモデルガン4丁が押収されたということですが、本物の拳銃などは見つかっていません。周囲を威嚇する際に使っていた以下の銃は、モデルガンだったとみられています。
警察での取り調べに対して伊藤博重容疑者は「覚えていない」などと供述し、容疑を否認。

立てこもっている最中、および身柄を確保されてからも非常に興奮した様子で、奇声などもあげていたということですが、危険ドラッグなど何らかの薬物を摂取していたかどうかについては分かっていません。
警視庁は事件に至った経緯や犯行動機などについて、さらに詳しく捜査を進めています。

ニュース速報Japan